あまや座

茨城県那珂市瓜連あるミニシアター

10月12日(土)『メランコリック』主演・皆川暢二さん舞台挨拶 開催!

おかげさまでこの10月で2周を迎える、あまや座。
その周年企画、第一弾は、今年必見の作品『メランコリック』の上映が決定!
上映に合わせて、10月12日(土)主演・プロデューサーの皆川暢二さんの舞台挨拶が決定しました!

SNSなどでも絶賛の声多数、第31回東京国際映画祭「日本映画スプラッシュ」部門で監督賞、イタリアのウディネ・ファーイースト映画祭でも新人監督賞を受賞している、名実ともに必見の期待を裏切らない作品です。
主演としての、そしてプロデューサーとして、幅広い多彩なお話が聞けると思います。貴重なお話をご堪能ください!

【日程】2019年10月12日(土)

『メランコリック』
11:30~ チケット販売・整理券配布(ご予約優先)
12:10〜14:14 『メランコリック』上映
14:20〜14:50 舞台挨拶

GUEST:主演・プロデューサー皆川暢二さん

皆川暢二
(みながわ・ようじ)
主演(鍋岡和彦役)・プロデューサー

1987年10月23日生まれ。神奈川県出身。 高校卒業後、体育教師を目指し大学に進学したものの、ひょんなきっかけで俳優の道を志す。 小劇場を中心に活動していたが日本に居辛さを感じた為、ワーキングホリデーを活用しカナダに一年滞在。 その予定だったが、滞在期限残り3ヶ月を切り、思いつきでカナダからアメリカ自転車縦断、アメリカ横断に挑戦。 様々なトラブルを経験しながらも、多くの人たちの助けもあり、約7,000kmを経てゴールであるニューヨークに 到着。 帰国後は映像作品を中心に俳優業を再開したが、自身の手で映画を作りたいという思いが強くなりOne Gooseを発起。2018年映画『メランコリック』を主演兼プロデューサーという形で制作。 俳優 / プロデューサー / 旅人という様々な草鞋を履きながら既存の映画・俳優の在り方とは違う、新たな道筋を作りたいとチャレンジ中。



©One Goose

『メランコリック』
深夜に殺人が行われる銭湯を舞台に、ひょんなことから人生が大きく動き出してしまう人々の人間模様を、サプライズ満載の変幻自在なストーリー展開で描いたサスペンスコメディ。名門大学を卒業後、アルバイトを転々とし、うだつの上がらない生活を送っていた和彦。ある日、偶然訪れた銭湯で高校時代の同級生・百合と再会した彼は、そこで一緒に働かせてもらうことに。やがて和彦は、その銭湯が閉店後の深夜に浴場を「人を殺す場所」として貸し出していることを知る。さらに、同僚の松本が殺し屋であることが明らかになり……。新人監督・田中征爾の長編デビュー作で、第31回東京国際映画祭「日本映画スプラッシュ」部門で監督賞を受賞(武正晴監督の「銃」と同時受賞)。和彦役の皆川暢二、松本役の磯崎義知、田中監督による映画製作ユニット「One Goose」の映画製作第1弾作品。

【出演】皆川暢二、磯崎義知、吉田芽吹、羽田真、他
【監督】田中征爾 【プロデューサー】皆川暢二
2018年製作/114分/G/日本 配給:アップリンク、神宮前プロデュース、One Goose
公式HP https://www.uplink.co.jp/melancholic/

 

【予約方法】
予約される方は、以下の方法でお願いいたします。
・メール info@amaya-za.com
・お問い合わせフォーム http://amaya-za.com/form/
・電話 029-212-7531(水曜日は定休日です。また上映前後、通話中など電話の対応が難しい場合がございます。)

以下の必要事項を本文にご記入ください。
・作品名
・お名前(フリガナ)
・お電話番号
・予約人数
【注意事項】
※メール、フォームでのお問い合わせは、劇場からの受付完了の返信を持って、予約完了とさせていただきます。
※チケット料金が通常と異なります。
※お電話でのお問い合わせは、当劇場が上映開始前後、通話中など電話の対応が難しい場合がございます。しばらくしてからお掛け直しください。
※劇場の1回の定員が補助席含めて42名となりますので、42名で締め切りとなります。ご了承ください。
※お席は自由席となります。

コメント0件

コメントをする

*
*
* (公開されません)

Return Top